読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトドアビギナーの冒険記

インドア派のアラサー女子が彼氏に連れ出されると、そこには大自然と大冒険が待っているのだった…

これからのキャンプシーズンに向けて、ビギナー女子キャンパーの装備品を紹介します!

こんにちは、ritchaです!
3月も後半になり、北海道もだいぶあたたかく天気の良い日が増えてきたような気がします!
とは言っても、まださすがにキャンプをするには寒いので、これからのキャンプシーズンに向けて、我が家の装備品を紹介してみたいと思います!


キャンプグッズって便利なものからオシャレなものまでいろいろあるけれど、買い揃えればキリがないし、たくさんあると運ぶ荷物が増えて大変です。
キャンプにいつも一緒に行く彼氏が、良い物を揃えるよりも、ちょっとこだわって美味しいもの作って食べたい派の人なので、うちは道具は割と最低限な方だと思います。
最低限のものだけでも十分楽しめるし、初心者女子キャンパーとしても、とりあえずこれだけあれば問題ない!くらいの装備量なので、ご参考までに!


それではまずは室内設備のご紹介。

もはや慣れ親しんだ我が家、住めば都!テント

f:id:ritcha:20170323112052j:plain
ごく普通の(?)テントです。
物自体10年以上前に購入したものらしく、アウトドアビギナーでは到底聞いたことないようなメーカーのものでした。
まわりを見渡せば緑色とかアースカラー系のテントが多い中、赤色だと自分のテントが見つけやすくていいです。全く自然に馴染む気がないカラーですね。
タープ?とか、他には何も持っていないので、テント内or外といった感じです。
タープがあれば日中は日よけがあっていいのですが、なくても木陰の近くに設営すれば全く問題ありません!

しかし一応女子キャンパーとしてはこういうオシャレなやつにちょっと憧れます・・・
理想はこれ!これちょうかわいい!

ロゴスってメーカーにはかわいいものが多いので眺めるだけで楽しんでます。


寝る時はこれさえあれば超快適!エアーベッド


キャンプで固い地べたで寝るのはやっぱりしんどい・・・そんなときはコレ!
空気を入れるとふわふわ寝心地抜群のベッドに!
体も痛くない!むしろ快適な寝心地で朝までぐっすりです!
運ぶのにもかさばらなくていいですね。これを考えた人は天才だと思います。


ちなみに口で膨らましていたら死んでしまうので、この電池式の電動空気入れで空気を入れます。


我が家はこのエアーベッドにだいたい毛布1枚です。
寒い時期は、もう一枚少し厚手の毛布を追加します。
そういえば枕はないので、いつも自分のパーカーとかをまるめて枕代わりにしていますね。


あと我が家のテントの中にあるものといえば、


ベッドの前の床にこういうアルミのレジャーマットを敷いているくらいです。
夜、テントの中で晩酌をする場合、そのまま座るとおしりが冷たいので、少し厚手のものです。うちのはたぶん100均で買ったやつですが。

それともうひとつ、夜の照明ですが、

こういう100均のタッチ式ライトを使っています。
これの裏に紐をくくりつけて、その紐をテントの天井に取り付けたS字フックに引っ掛けて吊るして使っています。
これ一個でテント内で過ごすには問題のない明るさです。
アウトドア用のランプとかはいくらでもあるけど、買ったら高いし全然100均で十分です。DIYです。

そもそもランプというものを持っていないので、暗くなったら野外活動は終了です。
どうしてもっていう時はヘッドランプか懐中電灯を使用します。


次はお料理編です。

キャンプといえばとりあえずB・B・Q!バーベキューコンロ

f:id:ritcha:20170324184040j:plain
これ。ごくごく普通のやつ。
とりあえずなんでもいいからキャンプにBBQはかかせない!
網と鉄板もあると尚良しです。焼きそばする時なんかは鉄板使用です。
"男は火を見るとテンションが上がる"そうなので、私の行くキャンプでは炭を起こすのはだいたい男の仕事です。

サバイバルの基本!おこげが最高!はんごう


小学校時代のレクリエーションの時以外で使ったことがありません。
カレーをする場合なんかは飯ごうでご飯を炊きます。
この絶妙なおこげがおいしいんですよね。炊飯器では味わえないおいしさです!
「はじめチョロチョロ中パッパ」という呪文を覚えておけばだいたいOKのようです。

燻した香りがたまらない!いろいろ作っておつまみに!燻製器


うちの彼氏は燻製作りが好きなようで、何かと燻製器を持ち出したがります。
いろいろ食材の下準備も必用なようで、前日からせっせと下ごしらえをしてくれます。
肉、ベーコン、たまご、チーズ、豆腐、たらこ、サバ、などなど・・・え~そんな燻製あり!?っていうものをいろいろ作ってくれます。超美味しいです!ビールに合う!
おつまみには最適ですし、外じゃないと出来ないし、ここぞとキャンプの時に大活躍してくれます!


あとは、お湯を沸かしたい場合は、カセットコンロを持っていきます。

二日酔いの朝は、インスタントの味噌汁かカップ麺などの汁物が欲しくなるので手っ取り早く。



他の調理道具は、普通に家で使ってる鍋とか包丁とかまな板をその都度持ち出してくる感じです。
あ、鍋は一度使ったら裏が炭で真っ黒くなってしまうからそれを一個キャンプ用にしています。

ちなみにテーブルというものも持っていないので、包丁を使って切る時とかは炊事場に行きます。
あとはクーラーボックスの上や手頃なダンボール箱の上を利用したりします。

その他


折り畳みチェア。
イスだけはあります。これだけあれば快適です。
先述の通りテーブルはないので、お皿を置くのはクーラーボックスの上です。
中から飲み物を出す時いちいち避けないといけないのでちょっとめんどくさいです。


クーラーボックス。
毎回食材とお酒でいっぱいです。



はい、こんな感じです!
紹介してみて、思った以上にアイテムが少なかったです。。。
しかもこれといって特別なものもないのであまり面白くないですね・・・。
というか毎回自分のもののように使ってますが、すべて彼氏の持ちものでした。。。


もちろん便利でオシャレな道具にも憧れるけど、なくても別段問題なく楽しめているので、なくてもいいのかなあという感じです。
それと、友達と一緒に行く場合は友達がいろいろと最新兵器を持っていたりするので、申し訳ないけれどちょっとついでに一緒に使わせてもらいますね、ってことはあります。


キャンプ道具はこんな感じですが、結局女子としてはなるべく最低限にと思っても、どうしてもお泊まり道具の方がかさばってしまうので、今後はそっちの方をどうにかしたいと思います。


早くあたたかくなって欲しいな!
それではまた!